メニュー
ペインテナンス
2018年度
2017年度
2016年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度
2009年度
2008年度
2007年度





2018年11月17日


国土交通省では「インフラの波及効果を考える」シンポジウムを次の通り開催します。ご興味・ご関心がありましたら是非ご参加ください。

(以下報道発表資料より)
 道路や鉄道、空港、港湾などのインフラは、移動時間の短縮や輸送コストの低減、災害安全性の向上、企業立地の誘発といった波及効果をもたらします。
 国土交通省では、12月11日、「インフラの波及効果を考える」をテーマにシンポジウムを開催し、近年の研究で明らかになってきたインフラがもたらす新たな効果を紹介するとともに、その効果や波及経路を明らかにするデータ分析の今後の展望を議論し、インフラのこれからについて考えていきます。 (事前登録制、参加無料)


日  時:平成30年12月11日(火)15:30~17:30(15:00開場)
会  場:東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアター(情報学環・福武ホール B2)
主  催:国土交通省総合政策局
定  員:180名(事前登録制) / 参加無料 ※定員に達し次第、受付を終了いたします。
概  要:
[1]基調講演「インフラの波及効果」
・講演者:柳川 範之 氏(東京大学大学院経済学研究科 教授)
[2]研究紹介(1)「Wider Economic Impacts からみた集積の重要性」
・講演者:中川 雅之 氏(日本大学経済学部 教授)
[3]研究紹介(2)「ヒトの移動と地理空間の重要性」
・講演者:齊藤 有希子 氏(早稲田大学政治経済学術院経済学研究科 准教授)
[4]パネルディスカッション ~波及効果の分析の実務への活用可能性~
・コーディネーター:要藤 正任(国土交通省国土交通政策研究所 総括主任研究官)
・パネリスト:小池 淳司 氏(神戸大学大学院工学研究科 教授)、清水 千弘 氏(日本大学スポーツ科学部 教授)、荒木  毅 氏(日本商工会議所社会資本整備専門委員会 委員長・富良野商工会議所 会頭)、毛利 雄一 氏(一般財団法人計量計画研究所 理事兼研究本部長)、沓澤 隆司(国土交通省総合政策局 社会資本経済分析特別研究官)

詳細、お申し込みは以下の国土交通省ホームページをご確認ください。

http://www.mlit.go.jp/report/press/sogo21_hh_000089.html

次の記事へ トップへ 前の記事へ

建退共
ペインテナンスキャンペーン
オープン懸賞
Rehome Award
PictRuler
ウチぬり

創立70周年記念式典

第25回
全国建築塗装技能競技大会

NHK放送 『あしたをつかめ』
建築塗装技能士の紹介が
行われました。


一般社団法人
日本塗装工業会

〒150-0032
東京都 渋谷区鶯谷町19-22
塗装会館
TEL 03-3770-9901
FAX 03-3770-9980
Copyright 2000-2019 Japan Painting Contractors Association. All rights reserved. @Portal 
団体工事保険 大規模瑕疵保険