メニュー
ペインテナンス
2017年度
2016年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度
2009年度
2008年度
2007年度





2016年1月1日
平成28年 会長挨拶

noichi


 新春を迎え謹んでお慶び申し上げます。
 平素より関係各位には格別のご支援ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

  昨年は、阪神大震災から20年を迎え被災された方々への思いを新たにしたところでしたが、9月に起きた関東・東北豪雨災害という広範囲で甚大な災害や、今なお不自由な生活を強いられている東日本大震災の被災地の方々を思い起こすと、改めて不断の危機管理や災害に対する経験や教訓を共有し伝えていくことの重要性を改めて感じることとなりました。

   建設業界で見れば、都心の再開発や東京五輪に向けた建設受注増加により工事量が増加し、大手ゼネコンでは好調という報道もありましたが、我々塗装工事業者の足元ではまだその恩恵を受けるには至っていない状況です。そのような中、昨秋の内閣改造では、景気のさらなる好循環に向けて新たな三本の矢が施策として放たれました。「1億総活躍社会」という言葉が新聞紙面などを賑わせましたが、その根幹は若い世代の活躍に尽きるといってもいいでしょう。若い世代が活躍し、次の世代につなげるという循環が持続的な発展につながっていくものと思います

   こうした中、当会本年度事業は、長期方針を「広く社会に認知される全国組織としての自覚の下、業界の発展と豊かな国づくりに貢献する」とし、さらに「重点施策」として「1.安心・安全な環境づくりとともに地球環境保全に取組む」「2.企業の社会的責任を明確にし、その責務を果たし、健全な発展をめざす」「3.『技術と経営に優れた専門工事業』をめざし、社会の信頼に応える」「4.希望あふれる業種として、次世代に向け『技能の継承』、『人づくり』を推進する」の4項目を掲げ、具体的諸活動を展開しております。具体的な諸活動については、本年度も総務、技術、経営、安全・環境、技能、普及の6委員会が推進していくとともに、全体事業としては、住宅リフォーム事業者団体登録制度への対応、社会保険未加入対策、建設業務労働者就業機会確保事業、耐火塗装施工の推進等に取り組んでまいります。

   新たな事業として取り組むことになった住宅リフォーム事業者団体登録制度ですが、増大するリフォームへの需要に対し、お客様が安心して会員に発注できるよう、全国17会場で会員向けの研修を実施して参りました。今年も引き続き、会員の施工力を高めるための会員向けの研修を行うとともに、消費者等に向けたプロモーション活動も行っていく予定です。 

   耐火塗料塗装施工技術協会では、設立後5年が経過し、27年度からは更新講習が始まりました。すでに1,000名以上の技術者が認定され、会員が直接受注できる態勢が整っており、受注実績も増え新たな事業となりつつあります。

   登録建設塗装基幹技能者については、47都道府県で2,370名以上が登録されており、5年が経過する登録者に対して更新講習も実施しております。公共工事や民間工事の一部では制度活用が実施されてきております。われわれの顧客に対する責任は、優良な塗膜を提供することにあり、登録建設塗装基幹技能者の役割と重要性、またこれを有効活用していくことを再認識いたしております。

   当会は直接施工できる技術・技能集団です。その「技」を競い合う第24回全国建築塗装技能競技大会を昨年10月15、16日の2日間にわたり茨城県水戸市で開催いたしました。専門工事業の本質は、直接施工する力であり、この力を十分に発揮するために人材育成と技術向上の面でさらなる研鑽を積み重ねてまいります。

   戸建住宅の塗り替えを日塗装で保証するペインテナンス(戸建住宅リフォームサービスシステム)キャンペーンは、本年で17回目を迎え、4月16日〔よいいろ〕から「いいいろ塗装の日」の11月16日〔いいいろ〕まで実施いたします。

   その他、生活環境改善のための「落書きなくし隊」や、新技術・新工法の開発を継続して推進してまいります。 これら諸事業を積極的に活動していくためには、組織基盤の充実が必要です。副会長と常任理事が全国10ブロックを各々担当し、各ブロックと本部の情報を双方向で共有化して連携を図り、諸活動をより充実させてまいります。


    会長として就任以来、「チーム日塗装」をスローガンに掲げ邁進してまいりましたが、昨年はそれに付け加えて「お客様へ『感謝』する・お客様から『感謝』される」、「お客様に『感動』を与える」、「仕事を通じて世の中へ『貢献』する」「新3K職場」を提唱してまいりました。 全国の会員、従業員が「新3K職場」で働いているという認識を一つにできれば、建設業界、塗装業界には明るい未来が開けてくるのではと考えます。 新しい世代に塗装業を希望あふれる業界として繋ぎ、関わる全ての方が「新3K職場」で生き生きとできるよう、支部、ブロック、委員会、会員各々が一致団結し、結束をより深め、素晴らしい「チーム」として建設業界の地位向上、発展のための事業や諸課題への取り組みを展開してまいります。 会員の皆様をはじめ関係各位のご理解と一層のご支援をお願いいたします。

一般社団法人日本塗装工業会
会 長 乃 一 稔

次の記事へ トップへ 前の記事へ

PictRuler

第58回定時総会
第44回全国大会等開催

創立60周年記念式典

第24回
全国建築塗装技能競技大会

NHK放送 『あしたをつかめ』
建築塗装技能士の紹介が
行われました。


一般社団法人
日本塗装工業会

〒150-0032
東京都渋谷区鶯谷町19-22
塗装会館
TEL 03-3770-9901
FAX 03-3770-9980
Copyright 2000-2017 Japan Painting Contractors Association. All rights reserved. @Portal 
団体工事保険 大規模瑕疵保険